ワキガ体験談【1】

20代女性
今現在はそんなに臭わないと思いますが、中高生の時はかなり悩みました。母がもともと臭いに敏感な人だったので、部活から帰宅すると「臭い!」と言われお風呂に直行していました。塗り薬や制汗剤、汗拭きシート、様々な商品を試しましたが、一番効果があったのは「脱毛」そして「食生活の改善」です。私の場合、ワキの皮膚が弱かったのでカミソリまけしていました。そこに汗をかくので肌の調子が悪くなり臭いを引き起こす菌も繁殖しやすくなっていました。脱毛することでカミソリを使用する回数も減り、臭いも気にならなくなりました。そして育ちざかりをすぎ肉中心の生活から、野菜をよく食べる食生活になったことから汗の質も変わりました。ベタベタした汗ではなく、サラサラした汗をかくようになり、ワキだけでなく体臭そのものが和らぎました。その結果、二の腕を出すファッションも楽しめるようになりました。

30代男性
ワキガだと指摘されて初めて自分がワキガだと知りました。当時は、とにかく脇を丁寧洗うということ、そして脇毛を抜くようにしました。脇毛に結晶が付き白くなるのでそこに雑菌が繁殖するので、それでとりあえずましになりました。あとは、石鹸にお酢を混ぜて臭いをごまかすようにしたり、消臭スプレーで徹底的に臭い対策をしました。今なら、ミョウバンなんかを使うといいかもしれません。消臭スプレーだと、AGが入っているものがよく効いたと思います。長時間持つ上に臭いもしないので良かったです。あとは、体質改善のために食生活を見直し、野菜をたっぷりとるようにし、煙草を減らしました。それも一応効果はあったように思います。即効性があるわけではないので、気づきにくいかもしれません。何より、毎日お風呂で清潔に保つのと、無駄な毛を減らすようにしました。それが一番だと思います